このブログではホームページのコンテンツ以外におすすめ練習方法、おすすめ音源、レッスン日記など掲載していこうと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



前回の続きです。(前回の内容はこちらをごらんください。)


今回も前回同様にツーファイブを12キーでランダムに並べたものを使います。
image1.png



今回はコードトーン以外のクロマチック、テンション、ドミナントのコード感を表す音も加わっています。
ぜひ分析、練習してみてください。
楽譜はEm7 A7の例しか書いていませんので頭で移調していってください。
慣れない方はちょっと難しく感じるかもしれませんが、楽譜をずっと見ながらの練習はオススメできません。
楽譜見ながらである程度できるようになったらコードネームのみ、あとは相対音感を頼りに音を探す作業も良いと思います。やっていくうちに音感や感覚がアップしていきます。

ジャズサックスアドリブアイリアルプロ2



もう一つはビバップスケール(ドミナント)です。
ビバップスケールは様々なフレージング、スムーズなラインを作るときにとても大切なスケールです。
下記はシンプルなパターンです、まずは12キーで練習しましょう。
ドミナントのビバップスケール、楽譜2のA7で使えるビバップスケールはEm7でも使えます。
なのでツーファイブではない場合、Em7のみ、A7のみの場合も使用できますので、それぞれのchord nameを見ても同じよう吹けるようにしておくと良いかと思います。
Em7のみでも使用できるので、モードの曲(ソーファット、インプレッションズ)でも使います。
コルトレーン、ハンクモブレー、ジョージコールマン、ウェインショーターなどのモードの曲のアドリブソロを分析してみると使用方法がもっと理解できると思います。
ぜひトライして見てください♪

ジャズサックスアドリブビバップスケール


楽譜2
A7で使えるビバップスケール(Em7でも使える)
A7で使えるビバップスケール

ビバップスケールに関しては、教則本が1冊かけてしまうくらい深い、いろいろなやり方がありますので、まずは基本のスケール、パターンから練習することをオススメします。

実践的なフレージンズ方法、綺麗なラインの組み合わせ方など深く学びたい方はジャズサックスレッスン、スカイプレッスンなどをお申し込みください。




BEBOPスタイルのアドリブをマスター出来るジャズサックスレッスン
tokyo-jazz-sax-lesson1.png
ソニースティット、ハンクモブレーなどビバップ奏者の奏法、言語、考え方、練習方法を基礎から学べます。
詳しくはコチラをクリック!!

JAZZ SAXOPHONE LESSONスタートキャンペーン内容!!

2017年2/1-2017年3/31迄にお申込みいただいた方が対象です。

特典1
通常10,000円の入会金が0円

特典2
ご入会の方には販売中の「Basic 2-5-1 Lick Part1 for Beginners ベーシックツーファイブワンリック 初心者、ビギナー向け」税込1,080円分を差し上げます!!

特典3
ご入会の方にはに販売中の「How to Play Jazz Standards Changes」1曲税込324円のテキストからご希望の5曲合計1,620円分差し上げます!!
※ご希望の方には後日PDFでお送りします。

出張ジャズサックスレッスンですが、お申し込み多数のためあと若干名の募集となります。
ご希望の方、ご興味のある方はお早めにお問い合わせください。


https://bebopjazzsaxlesson.wordpress.com/出張可能地域/




E382B9E382ABE382A4E38397E383ACE38383E382B9E383B3E38390E3838AE383BC.jpg
通信ジャズサックスレッスン行っています。
インターネット環境があれば日本全国どこからでも受講することが可能です。
お近くにジャズサックス教室がない、基礎からアドリブスキルを教えてくれる先生がいないとお困りの方にオススメです。
お試し無料体験レッスンも行っています。詳細は上記画像をクリック‼︎






ビバップスタディFacebookページはコチラをクリック

bebopstudyfacebook.png





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。