このブログではホームページのコンテンツ以外におすすめ練習方法、おすすめ音源、レッスン日記など掲載していこうと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報過多で何から練習したらよいか悩んでいませんか?

いま現在、ジャズを勉強するには書店やネット、動画など物凄い量の情報に溢れています。

ジャズのアドリブを習得したいと思っている方は、おそらく多くの教則本、コピー譜、またDVD、雑誌のアドリブコーナーの切り抜きなど多くを所有している方もいるかと思います。

あまりの情報の多さに何から手をつけたらよいか、自分には何が必要なのか、これをやって本当にアドリブが出来るようになるのか地疑心暗鬼になっていませんか?

また理論書や、解説を読み、多くの理論、スケール、アイデアの情報が蓄積して、うんちくは沢山話せるけど、実際のアドリブでは生かせないということに陥っていませんか?


実際使えない、出来ない情報、アイデアは意味がありません。(かえって混乱してしまいます)


出来ないのに理論的な情報だけがどんどんと蓄積していってしまうのは宜しくないと思います。

多くの教則本は多くの情報を短く、詰め込み過ぎで、ひとつひとつのやり方について見開きまたは数ページのみであまり踏み込んだ内容まで触れていないという印象を持つ時があります。

例えですが、ビバップスケールの使用方法の説明で、とても見開き、数ページでは解説できませんし(ただスケールはこういう音列で、このコードの時に使えます!という説明はできますが)、実際は基本形をしっかり身につけ、応用する技術を身につけることで自由にフレーズを組み立てられるようになるのですが、そこまで踏み込んだものはあまり見ません。(ビバップスケールだけでなくすべてのスケールやアルペジオ、アプローチ方法にも言えます)


e38393e38390e38383e38397e382b9e382b1e383bce383ab01.png
写真はビバップスケール(ドミナント)の基本形。
まずはこれを繰り返し練習しますが、丸暗記しただけではアドリブに生かせません。
レッスンではどう応用するか、スムーズで良いラインのフレージングをするか実際その場で一緒に考えていきます。
お手本の使用例も取り組んでいる曲に合わせて提示、吹きます。



また実際のアドリブは理論的なフレージングも大事ですが、サックスの音色、リズム、アーティキレーションがそれ以上に大切です。

瞬発力や応用力も必要です!!

それらは教則本だけでは身につけることは難しいでしょう。

教則本の情報だけでアドリブを身につけようと思うことは、英語のテキストのみで英会話を習得しようと思っているのと同じだと思います。




現在海外のミュージシャン、日本のプロミュージシャンでも独学で習得した人は物凄い少数派で(居るには居ますが)、多くはプロ奏者に習ったり(長期間でも短期間でも)、音大や専門学校に行ったり、実際のライブやセッションでアドバイスを得たりしてアドリブを身につけた、上達した人が多いと思います。

私も高校生でブラスバンド部に所属していた時にジャズに興味を持ち、先輩が行ってい音大ジャズ科の先生の紹介していただきレッスンに通っていました。

レッスンはもちろん基礎練習、スケール、分散和音、エチュードなどもやりましたが、先生が実際目の前で吹いてくれる曲、アドリブを聴き、感じでジャズのフィーリングだったり、アドリブのやり方を習得していきました。

またレッスン中にオススメのCDを聞いたり、一緒にセッションしたり、理論的なことも教わりましたが、それ以外の大事なことも多く教わりました。


ジャズのアドリブの習得、また楽器の上達を目指している方は、独学より断然習うことをお勧めします。


ジャズに限定するなら、レッスン専業のレッスンプロではなく、実際にライブ、演奏活動しているプロミュージシャンが近くにいる場合は習うと良いと思います。(また実際演奏聴いて好きになったミュージシャンが良いと思います)

今のレベルを知り、長所、短所を客観的に指摘してもらい、多くの経験に基づいたやり方、アドバイスを受けるというのは独学でひとりで練習するより、多くの気づきがありますし、上達スピードも上がると思います。




当ジャズサックス教室では、上記に書いたように、基礎的なことを重視、情報過多にならないように、知っている情報と演奏に隔たりが出ないように、ひとつひとつのことを丁寧にゆっくりレッスンしていきます。

また理論的なこと、アドリブはもちろんですが、サックスの良い音色の作り方、スイングのリズム、アーティキレーション(フレーズが良くてもこれらがダメだと全くジャズに聞こえないしかっこ良くなりません)などもしっかりスキルアップできるように丁寧にレッスン致します。

もしスタンダード、モダンジャズ、ビバップ、ハードバップが好き、またソニーロリンズ、ジョンコルトレーン、デクスターゴードン、ハンクモブレーなどもモダンジャズサックス奏者が好きで、ひとつひとつのことをしっかり習得して、最終的には暗記や当てはめではない自分自身のアドリブができるようになりたい方は是非当ジャズサックスレッスンをご検討ください。(スイングジャズ、フリージャズ、コンテンポラリージャズは対応しておりません)


その場その場しのぎの暗記や攻略法ではなく、正統的なジャズのアドリブを習得したい方にオススメです。


音大卒現役のプロサックス奏者がマンツーマンでひとりひとりのレベル、目的、個性、ペースに合わせて指導致します。

レッスンは東京、神奈川、千葉、埼玉などの関東圏への出張ジャズサックスレッスン、それ以外の地域の方にはスカイプレッスンもご用意しております。

ということで後半はレッスンのご案内になってしまいましたが、情報過多にならないで一つのこと、シンプルなことを大切にしましょう!!という記事でした。

最後までお読みいただき有難うございました。



BEBOPスタイルのアドリブをマスター出来るジャズサックスレッスン
tokyo-jazz-sax-lesson1.png
ソニースティット、ハンクモブレーなどビバップ奏者の奏法、言語、考え方、練習方法を基礎から学べます。
詳しくはコチラをクリック!!

秋のJAZZ SAXOPHONE LESSONスタートキャンペーン内容!!

2016年10/1-2016年11/31迄にお申込みいただいた方が対象です。

特典1
通常10,000円の入会金が0円

特典2
ご入会の方には販売中の「Basic 2-5-1 Lick Part1 for Beginners ベーシックツーファイブワンリック 初心者、ビギナー向け」税込1,080円分を差し上げます!!

特典3
ご入会の方にはに販売中の「How to Play Jazz Standards Changes」1曲税込324円のテキストからご希望の5曲合計1,620円分差し上げます!!
※ご希望の方には後日PDFでお送りします。

出張ジャズサックスレッスンですが、お申し込み多数のためあと若干名の募集となります。
ご希望の方、ご興味のある方はお早めにお問い合わせください。


https://bebopjazzsaxlesson.wordpress.com/出張可能地域/







ビバップスタディFacebookページはコチラをクリック

bebopstudyfacebook.png



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。