このブログではホームページのコンテンツ以外におすすめ練習方法、おすすめ音源、レッスン日記など掲載していこうと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の「All The Things You Are /オールザシングスユーアー For ビギナー1」ではトライアドを使ったシンプルなメロディラインを作りましたが、今回はトライアドと同じくシンプルなメロディラインを作るの時に有効な1235を使った練習を掲載したいと思います。

まずは吹いてみましょう!

コード感を感じながら繰り返し練習することをお勧めします。

All The Things You Are 1235練習


All The Things You Are 1235
6小節目のEm7 A7 14小節目のBm7 E7 は上記でもOK


1235はサックス奏者、アレンジャーのオリバーネルソンの書いた「patterns for improvisation」というジャズのアドリブに必要な様々なアイデアが載っている有名な本がありますが、その中の多くにも書かれているアイデアのひとつです。



patterns for improvisation
Oliver Nelson著 パターンフォーインプロビゼーション



この本はジャズサックスを志す者の間ではバイブル的になっており、ご存知の方も多いと思います。

コードが載っていなく、ただ音符が書いてあるだけなので、ただ闇雲にやるのではなく、自分自身で様々なコードを書いたり、想定したりしてやる必要があります。

1235以外にも、コンディミのパターン、4度フレーズパターン、裏コードの練習(増4度)など役に立つものも多く載っています。

話が少し逸れましたが、1235の説明をすると



基本的な使い方はコードがC CM7 C7の時には
メジャー1235
1度、長2度、長3度、完全5度


基本的な使い方はコードがCm Cm7 の時には
マイナー1235
1度、長2度、短3度、完全5度


となります。(ハーフディミニッシュ、オーギュメント、ルート始まりではない場合、発展、応用については別の機会に書きたいと思います。)

1235はシンプルでメロディアスなフレージングをしたい時にとても役立ちます。

また多くのビバップのフレーズにも含まれていますし、応用すると様々なアプローチも可能です。

是非練習、分析、自分のアイデアをプラスしてフレージングしてみましょう!!

次回は、1235を用いたオールザシングスユーアーの練習エチュード、順番が逆になってしまいましたが、1235の12キー基本練習方法を掲載しようと思います。






ジャズサックスレッスンスタートキャンペーン内容!!

2016年8/1-2016年9/15迄にお申込みいただいた方が対象です。

特典1
通常10,000円の入会金が0円

特典2
ご入会の方には販売中の「Basic 2-5-1 Lick Part1 for Beginners ベーシックツーファイブワンリック 初心者、ビギナー向け」税込1,080円分を差し上げます!!

特典3
ご入会の方にはに販売中の「How to Play Jazz Standards Changes」1曲税込324円のテキストからご希望の5曲合計1,620円分差し上げます!!
※ご希望の方には後日PDFでお送りします。


>>出張ジャズサックスレッスンの詳細はコチラをご覧ください






ビバップスタディFacebookページはコチラをクリック

bebopstudyfacebook.png



BEBOPスタイルのアドリブをマスター出来るジャズサックスレッスン
tokyo-jazz-sax-lesson1.png
ソニースティット、ハンクモブレーなどビバップ奏者の奏法、言語、考え方、練習方法を基礎から学べます。
詳しくはコチラをクリック!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。